顕微鏡アレルギーかと思いました

Posted by oshiete - 2017年3月16日

約1年前、私がまだバリバリの研究者だった時の話です。
私はいつものように全身を白衣に身を包み、クリーンルームへと向かいました。私の仕事は自社で作った製品を顕微鏡などを用いて評価することでした。毎日のように朝から晩までパソコンと顕微鏡を交互に見つつ、評価を繰り返していました。そんなある日、私の両目がプルプルと動き始めていることに気がつきました。そのときは特に意識していませんでしたが、その日をきっかけに顕微鏡を覗くとまぶたの痙攣が起こり始めました。痛くはないのですが、とにかく気になって作業に集中することが困難になり、家に帰ると目を温めたり、目薬を使用したりしながら試行錯誤していました。結局、その作業から離れて目を酷使しない作業がメイン業務になったとき痙攣が治まりました。

私自身の経験では、まぶたの痙攣は過度な目の使用が大きな原因だと感じました。特に万華鏡のように似たような形状のものを長時間見続け、瞬きの回数も極端に少ない状況下で起こりやすいようです。さらに現在では、スマートフォンやパソコンなどのモニターを常に見るようになり、遠くを見る時間が極端に減っています。仕事や生活環境の変化から、これらの問題は仕方がないと思う反面、自分の体は自分でケアするしかないと思っています。仕事にしてもパソコンなどを使用する時間を減らす努力をしたり、休憩時間にスマートフォンを触るのではなく外の空気を吸いに行ったり、誰かと会話したりするべきではないでしょうか。まぶたの痙攣はハイテク機器に依存した私たちの生活に警鐘を鳴らしているような気がしてなりません。

>>まぶたの痙攣にはこのサプリ

In:
Comments are Closed on this Post.