容器の壁抜け

Posted by oshiete - 2017年11月30日

水素って、皆さん名前くらいは知ってますよね。
そう、名前くらいは。
何でこんなこと言い出したかというと、水素水ボトルなるものを気にし出したからです。
何故かというと、話せば長くなるので短くまとめますが、ここ数年病気がちで、体調は常に今一状態が続いているから。
その今一状態を緩和するのが目的です。

といっても、水素水ですべてを解決するつもりはもちろんなく、生活習慣と、ある程度悪くなったら病院、これが基本になります。
その「生活習慣」のアイテムの一つとして、水素水を取り入れるつもりです。
最初は所謂天然水やミネラルウォーターだけを、まとめ買いするつもりでした。
いや、天然水やミネラルウォーターは購入しますが、それだけでは心許ない…そこで水素水ボトルです。
各社から製品が出ていますが、ネットの水素水携帯ボトルランキングで調べて、私はH.Bottleがいいんじゃないかなって思いました。

本体自体は安い買い物ではないですが、ランニングコストを考えるとコスト的には優秀。
もちろん性能面も魅力ですが、私は容器の材質に拘る姿勢に感心しました。
水素自身がとても小さいため、容器の壁を抜けて行き来するらしいです(壁抜け、てこと?)。
そのとき、容器の微少に材質もくっついて来るとか…。
容器の材質に、よくない成分が入っていたら?微量で健康被害にならなくても、気分的にせっかくの水素水がおいしく飲めません。
色々なところに配慮できるという製品は、信頼性も高まりますからね!
個人的には””買い””だと思うよ。

In:
Comments are Closed on this Post.