学び方を工夫して楽しむ事が大切

Posted by oshiete - 2017年5月13日

小学生の頃から、両親に勉強しろと言われた事がなく、その分、自分の意志で勉強しなければいけませんでした。ただ、子供の頃からテレビゲームが好きで、特にRPG系のゲームをやっている中、難しい漢字(熟語)や英語が出てきて、ゲームをクリアしたい一心で辞書を引いて、言葉を理解していたことがあります。

理解出来れば、ゲームを攻略出来るので楽しくなります。自然と勉強する事が楽しくなってきました。言葉を覚えれば、覚えるほど、色んな難しいゲームもクリア出来るようになり、勉強もただ教科書に書いてある事を覚えるだけではなく、それを覚える事によって、どういった事が出来るようになるのかを理解する事が大切だと知りました。
あとは、負けず嫌いな性格もあり、周りから馬鹿にされたくないという意識が強い所為もあり、勉強を重ねるようになったという経緯もあります。

小学生は、好奇心旺盛ですので、「勉強」と聞くだけで嫌なイメージを持っている子が沢山いると思います。勉強する事の楽しさを自身で知ることが必要だと思います。
一例として、教科書を最初から見て勉強しようとするのではなく、知識そのものを増やす考え方を持って、何でもいいから楽しいと思えるようなことに挑戦してみるといいのではないでしょうか。好きな本を読むのでも、漫画でもいいと思います。

言葉を沢山知り知識を増やすと、自然と教科書に書いてあることがすんなり理解出来、つまずくことも少なくなります。だんだん思い悩む事もなくストレスも感じないようになると思います。そして、エスカレーター式に、どんどん興味が湧いてきて、理解力も増し、勉強が好きになるのではないかと思います。

そういった方法以前に、気が散って、ひとつのことを続けられない子もいます。楽しいことがすぐに分かればいいのですが、多少続けないと面白さが分からないこともあります。そういったときは集中力を高めるようなサプリなどを使うのも一手です。子供の勉強に役立つサプリがいろいろと出ているようです。

小学生の勉強方法はこちら

In:
Comments are Closed on this Post.