今後のその子の人生を変えてしまう

Posted by oshiete - 2017年2月22日

後になって後悔しているのですが、赤ちゃんのうちにダニ対策やスキンケアをしておくかしないかで、アレルギーの出具合に差があるということです。実際に私の息子は私がいけなかったのですが、ダニ対策をしっかり行っていなかったです。8か月ぐらいでアレルギーが発症しました。そのころからダニ対策について考えるようになりました。

ダニテクトと使用したりして対策を行っています。口からの食べ物でアレルギーが発症するかと思っていましたが、損傷した皮膚や赤くなったほっぺからダニや食物に触れて反応がおこることを知りました。
今になって後悔しています。もっとダニ対策やスキンケアをしっかりと行っていればと。このアレルギーの件をきっかけに赤ちゃんのためのダニ対策についてしっかりするようになりました。

特に周りからは聞く機会がなくそのままスルーしていましたが、子どものアレルギーが発症し、皮膚科へ通うようになったらダニ対策やスキンケアの必要性、掃除や清潔ケアについてしっかり行わなくてはならないことを指摘されました。また、実家に帰った際に発疹がたくさんできてしまいました。

その際の診断がダニに刺されたでした。このころからダニ対策について考えるようになりました。そして、皮膚科医から聞いた情報で驚いたのは、口から摂取するものだけでなく、傷ついた皮膚や赤くなったほっぺから侵入してアレルギーを引き起こすということでした。この話を聞いてからはダニ対策をしっかりとするようになりました。もっと早くやっておけばよかったです。

In:
Comments are Closed on this Post.